税理士の選び方|払い過ぎた過払い金を取り戻す方法【税理士が円滑に解決】

こんな税理士事務所を探していた!大手と小会社の違いを一挙公開

税理士の選び方

スーツの人

大手の自慢はサービスの充実性

相続問題や過払い金の対応を主に行なう税理士ですが、事務所が大きいところだと経営相談を自由に行なうことができます。新ビジネス立ち上げに関する心配事や疑問点について長年の経験に基づき、的確なアドバイスをくれるでしょう。顧問契約を結べば税務処理から経営のサポートまで手厚く行なってくれます。各スタッフが勉強熱心なので、複雑な事案も必ず解決してくれます。デメリットは、担当する税理士でサービスが異なること、費用が小さい会社より高くなることです。それを除けば、依頼先に相応しいといえます。

小さい事務所は丁寧な接客が売り

顧客が少なくなる分、とても丁寧な接客を心掛けるのが事務所のいいところです。また、税理士が毎月来てくれるので、相談をする際の日程調整がしやすくなるでしょう。ただ、どんな人が足を運ぶのか、相談の前に必ずチェックしておくことが税理士選びに失敗しないポイントです。

失敗例が沢山ある

大阪に沢山の税理士事務所があるものの、依頼先に迷ってしまうのは仕方ないことです。安易に決めたことで税理士の対応が気にくわない、特別なことをしていないのに顧問料が異常に高いなどは選ぶ上で比較しなかったことが原因でしょう。特に知り合いからの紹介だと、こういった失敗に繋がることもあるので、各税理士事務所の評判は自分の目で確認することが大切です。

広告募集中